同じ画面を共有して情報確認することが出来る

テレコンサルではZoomを使ったオンラインミーティングを行うわけですが、Zoomは実に便利です。

画面の共有を用いることで、パソコン上で開くことが出来るあらゆる情報を双方のパソコン画面上で共有することが出来ます。

例えば、ホームページであれば開いているWEBサイトをそのまま共有することが出来ますし、ワードやエクセルなどの情報を共有することもできます。

税理士事務所さんの場合であれば

PDFなどのデータの共有も可能ですから、何かの届出書を画面上に開きながら共有をして説明をしたり、実際の申請画面を表示しながら操作を説明したりなどすることも可能です。税理士事務所さんであれば会計システムを共有することで入力画面を共有しながら一つ一つの勘定科目を解説していくといった使い方もできるかもしれません。

双方のパソコン画面上に画面を共有するということは、複数人でつないでいれば複数台のパソコン上で画面共有が可能であるということでもあります。お客様の環境が本支店であったり、社長様と経理担当者様でそれぞれ別の場所から繋いでいるようなときであっても、全く同じ画面を表示させながら、話を進めることが出来ますので非常に便利です。

対面には対面の良さがありますが、オンラインにはオンラインの良さがそこにはあります。